子供の体にも紫外線は有害なので対策を

紫外線は肌を黒くし、劣化させてしまうことにつながりますので、大人の場合は日焼け止めを利用している人が多くなっています。
そして、子供の場合は、依然は小麦色に焼けた肌は健康的だといわれていた時代もあり、そのままで良いと考えている人も多いのではないでしょうか。

日光を浴びるとビタミンDが作られ、骨が丈夫になるということもあり、昔は子供に日光浴をさせたりということが積極的に行われていた頃もありましたが、子供は大人よりも皮膚が薄いこともあり、ダメージも起こりやすい傾向にあります。

紫外線を浴びると肌が黒くなるだけではなく、細胞にもダメージを与えてしまいますので、免疫力が低下する、体力が落ちるなどの問題も出てしまいます。健康のためにもやはり無防備に日光に長時間当たるということは避けたいところです。

子供の場合はターンオーバーの機能が活発ということもあり、夏にかなり日焼けをしていても短期間にきれいな肌に戻ることができます。
それゆえ、子供の時代はあまり日焼け対策をしなくて良いというイメージもありますが、やはり子供の体にも紫外線は有害です。
現在はオゾン層も薄くなっており、昔よりも紫外線の量は増えていますので、子供のときから対策はしっかり行っておきたいところです。
無防備に紫外線を浴び続けることは皮膚がんのリスクも高まりますし、すぐに肌に影響が出なくても大人になってから肌の劣化を早めてしまうことにもつながりますので、やはり対策はしっかりと行っておきたいところです。

帽子や衣服で肌を守るという方法もありますが、やはり日焼け止めもつけておくとよりしっかりと肌を守ることができますので、外で長時間過ごすときなどはつけてあげたいところです。
汗などで流れてしまいますので、まめにつけ直してあげましょう。

そして日焼け止めは何歳から必要なのかということも気になりますが、乳幼児にも対応できる商品もありますので、そうしたものを選んでおけば赤ちゃんにも安心して使うことができます。

大人用の場合は専用のクレンジングが必要な商品もありますが、クレンジング剤は子供や赤ちゃんの肌には負担がかかりやすいので、石鹸で簡単に落とせるタイプを選ぶことがおすすめです。
SPF値の高いものはそれだけ紫外線カットの効果が高いというイメージもありますが、子供の肌には負担もかかりやすいので低めの数値のものを選んでおきたいところです。

初めて使う商品の場合は肌に合うか、刺激にならないか気になるところですが、まずは目立たない部分につけて赤くなったり、かぶれたりしないか確認しておくと安心です。

そしてつけ心地の良さも大切ですので、軽いつけ心地でべたべたしないものを選んであげましょう。
最近は子供用の商品も充実していますので、成分もよく確認し、できるだけ安全性の高い商品を選んでいきましょう。
それから日焼け止めの成分が肌に残ることも肌には負担となりますので、使用したあとは洗顔や入浴できちんと落としておくことも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする