アセロラにはニキビ跡の改善をサポートする力がある

ジュースで見かけるアセロラ。酸っぱさが特徴の赤くて見た目がかわいい果物です。小さな実ですがアセロラにはニキビ跡の改善をサポートする力がつまっています。

アセロラってどんな果物か知っていますか。アセロラはブラジル北西部が原産地で、1~2cmのサクランボのような実をしています。そのまま食べることができて酸っぱい味がします。日本ではジュースなど加工品しか目にしませんよね。収穫後すぐに傷んできてしまうので、日本では生が販売されていないのです。

アセロラの特徴はビタミンCの多さです。100gあたり1000~2000mgものビタミンCを含有しています。ビタミンCが多い食品というとレモンを思い浮かべると思いますが、レモンの10倍にもなるのです。キウイ、イチゴ、赤ピーマンなどよりもダントツのが含有量です。

なぜアセロラがニキビ跡をケアしてくれるのかというと、ビタミンCがコラーゲンの生成を促すからです。コラーゲンの生成が促されることで肌がふっくらとして、ニキビ跡が目立ちにくくなることが期待できます。また、ビタミンCには皮脂分泌をコントロールする働きもあるので、新たなニキビができることを防ぎます。

さらに、ストレスの緩和にも働きます。ストレスはホルモンバランスを乱したり、皮脂分泌を活発にしてニキビを作る原因となります。ストレスに対抗するホルモンは副腎で作られているのですが、副腎でストレスに対抗するホルモンを作るときにビタミンCが必要です。

生を日本で手に入れることは難しいので、アセロラはジュースやサプリメントで摂取するのがよいでしょう。酸っぱいアセロラもジュースなら甘くされているので飲みやすいです。ジュースを使ってゼリーなどを作るのもいいですね。サプリメントも味を気にせずに飲むことができます。

ビタミンCを一度に大量に摂っても排泄されてしまうので、こまめに摂るようにしましょう。美容目的なら1日2g以上摂ると効果が期待できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする